カリキュラム

スポーツ健康学部では、下記イメージ図のように入学した学生全員が豊かな人間形成に基づく土壌の上に、体育学や健康学の基礎を中心にしっかりとした根を張り、幹を育て、自分の興味・関心に合わせた特徴的な枝に自分だけの花実をつけるための4年間を過ごしてもらえるようカリキュラムを構成しています。

カリキュラム

視野形成科目


「人間とスポーツ」、「生命倫理」などの人文社会系の科目から、「統計学」、「情報リテラシー」といった自然科学系の科目まで、本学部の学生として基礎となる幅広い科目を用意しています。

また、1年次に必修として用意されている「スポーツ健康学入門」では、大学生活への適応力を身につけます。

専門基礎科目

専門的な科目を受講する前提として、体育学及び健康科学分野の基礎となる「スポーツ運動学I」、「機能解剖学」などの科目から、「スポーツ哲学」、「スポーツマネジメント論」などの科目まで幅広く配し、健康科学と社会との関わりを習得できるよう配慮しています。

専門基幹科目

コース科目を受講する前提として、専門科目の3つのコース科目の土台となる科目を配し、1つのコースに偏ることなく学際的な領域を学ぶことができるよう配慮されています。

専門科目

『ヘルスデザインコース』、『スポーツビジネスコース』、『スポーツコーチングコース』の3コースを設定していますが、各コースを相互に関連付けながら学ぶことが可能です。各コースの説明については「コース紹介」のページをご覧ください。

専門演習

3つのコース科目で習得した理論的な知識を集大成した上で、具体的な諸問題への対処法を習得、高度な課題解決能力を身につけます。それぞれの演習は1学年あたり10名前後の人員から編成されることを原則とし、少人数による討論や発表を通して、これまで習得した理論を自分のものとして実践する姿勢を身につけることができます。

カリキュラム表