文学部 > ニュース > トピックス > 文学部地理学科4年 本橋淳也さん 第1回お天気データで未来を描くアイデアコンテスト(気象ビジネス推進コンソーシアム・気象庁)気象庁特別賞を受賞

文学部地理学科4年 本橋淳也さん 第1回お天気データで未来を描くアイデアコンテスト(気象ビジネス推進コンソーシアム・気象庁)気象庁特別賞を受賞

2018年04月28日

本学文学部地理学科4年の本橋純也さんのグループが,2018年1月19日開催「第1回お天気データで未来を描くアイデアコンテスト(気象ビジネス推進コンソーシアム・気象庁)において,気象庁特別賞を受賞しました。
これは,お天気データで未来を描くアイデアを提案するワークショップ方式のコンテストです。本橋さんは気候学・生気象学を研究テーマとした,山口隆子准教授のゼミナールに所属し,2018年3月9日に「2017年度第2回(通算第49回)気象予報士試験」に合格されました。
 グループに分かれてアイデアを出し合い,白熱した議論の中でそれを具体化する企画です。本橋さんはEグループに属し,「お天気データdeスマートライフ」を提案されました。
天気情報,天気予報を利用して,エアコンの空調調整,洗濯の可否,服装の選択など,生活を快適にするシステム構築や傘をさすだけで降水確率を表示する製品開発などの提案が評価されました。

コンテストの様子は以下のHPからも確認することができます。

気象庁ホームページ