人間環境学部 > ニュース > トピックス > 「キャリアチャレンジ」の受け入れに関する覚書を締結 ―株式会社東京・森と市庭との調印式について―

「キャリアチャレンジ」の受け入れに関する覚書を締結―株式会社東京・森と市庭との調印式について―

2018年01月24日

2018年1月10日(水)、人間環境学部の主催科目である「キャリアチャレンジ」の受け入れ先となる株式会社東京・森と市庭と覚書を取り交わしました。 

当日は同社から野口洋代表取締役と菅原和利営業部長(本学部OB)、学部から渡邊誠学部長、小島聡教授が出席し、覚書に調印しました。同社は、古くから奥多摩の地で森を育ててきた林業家および都市の暮らしに樹木を生かしたいと志す方々と共に立ち上げられた企業です。人々と森をつなぐための活動を行っており、持続可能な地域社会づくりの理念は人間環境学部と一致しています。同社は森林に関する企業活動を通して社会貢献を推進すること、そして本学部は受講生に対して就業体験によるキャリア教育を展開することを目的としています。 

※「キャリアチャレンジ」とは、人間環境学部が協定を結ぶ自治体、NPO、企業等の団体に研修派遣するインターンシップ型の科目です。研修期間は7~14日程度(土日を含む)であり、受講生は受け入れ団体の研修プログラムに参加します。なお、受講生は授業実施期間内に開催される事前研修と事後研修に参加することになっています。

 

「キャリアチャレンジ」の受け入れに関する覚書を締結
「キャリアチャレンジ」の受け入れに関する覚書を締結
「キャリアチャレンジ」の受け入れに関する覚書を締結
「キャリアチャレンジ」の受け入れに関する覚書を締結