国際文化学部 > ニュース > トピックス > FICオープンセミナー『イアリー 見えない顔』ドラマ化に伴う試写会およびトークイベントを開催しました

FICオープンセミナー『イアリー 見えない顔』ドラマ化に伴う試写会およびトークイベントを開催しました

2018年07月12日

 2018年7月10日(火)に、FICオープンセミナー国際文化学部企画として『イアリー 見えない顔』ドラマ化に伴う試写会およびトークイベントを市ヶ谷キャンパスさったホールにて開催いたしました。
 本学部前川裕教授著作の同作品が今夏、WOWOW連続ドラマとなり、その完成記念として第一話の試写会、トークイベント、舞台挨拶が行われました。
 なお、ドラマでは本学多摩キャンパスも撮影場所として使用されています。

 第一話の上映後、同ドラマの森淳一監督と前川教授による「小説と映像」をテーマにしたトークイベントが行われました。森監督からは原作を映像化する際の手法など、普段、知ることのできない貴重なお話を伺うことができました。

 その後、出演されているオダギリジョー氏、仲里依紗氏、黒島結菜氏にもご登壇いただき、演じられている役柄についてお話いただきました。また、舞台が大学ということで「教員になったらどのような授業を教えたいか?」という質問や、学生からの「夢を叶えるために必要なことは?」という質問に対し、それぞれお答えいただきました。

ドラマは8月4日(土)夜10時スタート(全6話)
日常生活がじわじわと侵食される恐怖が描かれる「アーバンスリラー」
原作(2018年 角川文庫刊)と共に、ぜひご覧ください。

 

eerie

フォトセッション