国際文化学部 > ニュース > トピックス > 「2017年度 海外フィールドスクール(環境コース)公開レクチャー&シンポジウム」の開催について

「2017年度 海外フィールドスクール(環境コース)公開レクチャー&シンポジウム」の開催について

2017年12月01日

「2017年度 海外フィールドスクール(環境コース)公開レクチャー&シンポジウム」を以下の通り開催いたします。
今年度より新たな取り組みとして開講された海外フィールドスクール環境コースの実施大学であるPSU(Prince of Songkle University)から4名の教員に来日いただき、レクチャーとシンポジウムを行います。奮ってご参加ください。
※ レクチャーとシンポジウムのポスターは、こちらからご確認いただけます(PDF/237KB)。 

1 公開レクチャー

 (1)概要

   タイの環境に関する科学的側面からの研究の現状を紹介し、さらに文化的側面も考察します。
   タイの環境研究と日本の環境研究のトピックの重なる部分と相違点を読み解きます。

 (2)日時

   2017年12月5日(火)13:30~15:00

 (3)場所

   G201教室

2 海外フィールドスクール実施報告/シンポジウム

 (1)概要

   ①成果発表 / 海外フィールドスクール参加学生
   ②東南アジア(特にタイ)での環境問題 / 法政大学国際文化学部 島野智之教授
   ③タイの自然・経済の現状と環境問題について / Prince of Songkle University
                                     Kitichate Sridith准教授
                                     Sara Bumrungsri准教授
                                     Nararak Leesakul准教授
                                     Sopark Jantarit准教授
   ④パネルディスカッション
    タイと日本の環境問題の相違と共通点、また、日本の経済活動と東南アジアの環境問題との繋がり
    について、海外フィールドスクールを通じての学生の理解や学習効果について議論します。
    海外フィールドスクールを通じた異文化理解どのようなものであったのか、またPSUのインターナ
    ショナルサマースクールでの実践事例についても報告します。 

 (2)日時

   2017年12月6日(水)11:10~12:40

 (3)場所

   S305教室