国際文化学部 > ニュース > トピックス > FICオープンセミナー「《インティマシー》と《インテグリティー》――異文化理解のキーワード」開催について

FICオープンセミナー「《インティマシー》と《インテグリティー》――異文化理解のキーワード」開催について

2016年10月26日

FICオープンセミナー「《インティマシー》と《インテグリティー》――異文化理解のキーワード」を開催いたします。
関心をお持ちの方は是非ご来場ください。多くの方のご参加をお待ちしております。

1 日時
    2016年11月10日(木)18:30~20:00
2 会場
    法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー3階マルチメディアスタジオ(0300教室)
3 講演者
  トマス・カスリス氏(オハイオ州立大学、特別名誉教授)
4 内容
  アメリカにおける日本思想・宗教思想研究の第一人者であるトマス・カスリス氏の
  代表的著作『インティマシーあるいはインテグリティー』(翻訳:衣笠正晃〔本学部教授〕、
  解説:高田康成〔名古屋外国語大学現代国際学部教授。東京大学名誉教授〕)が,
  本年7月法政大学出版局より〈叢書・ウニベルシタス〉の1冊として刊行されました。
  比較思想・比較哲学の視点から,(異)文化理解の鍵となる二つの文化的指向性
  についてお話しいただきます。講演は英語,質疑応答は英語・日本語の予定です。
5 その他
  入場無料,事前申込み不要
  (法政大学学部生・大学院生に限らず,どなたでもご参加いただけます)

  詳細は,以下をご参照ください。