国際文化学部 > ニュース > トピックス > 国際文化学部企画「映画『異境の中の故郷-作家リービ英雄52年ぶりの台中再訪』上映と座談会」開催について

国際文化学部企画「映画『異境の中の故郷-作家リービ英雄52年ぶりの台中再訪』上映と座談会」開催について

2014年01月17日

 国際文化学部企画「映画『異境の中の故郷-作家リービ英雄52年ぶりの台中再訪』上映と座談会」を下記の通り開催いたします。

 昨年完成したこの映画は、少年時代を台湾の台中で過ごした本学部のリービ英雄先生が半世紀ぶりに現地を再訪するもので、多民族・多文化・多言語が重層的に織りなす台湾を舞台に、インターカルチュラルな内容となっています。
 本学部の研究・教育テーマの核心ともかかわるこの映画の上映と、関係者による座談会を通して、故郷・越境・翻訳・言語などについて幅広い文脈の中でともに考えたいと思います。



1 日時
  2014年2月3日(月) 18:30~21:00

2 会場
  法政大学 市ヶ谷キャンパス(市ケ谷・飯田橋駅から徒歩約10分)
  BT0300教室(ボアソナード・タワー3階)

3 内容
 (1)ドキュメンタリー映画
  『異境の中の故郷-作家リービ英雄 52 年ぶりの台中再訪』の上映(52分)
 (2)関係者による座談会(敬称略)
  ・リービ英雄
  ・大川景子(本映画の監督)
  ・温又柔(本学部および研究科一期生の作家で、この映画にも旅の同行者として登場)

4 その他
  参加無料、事前連絡不要
  (法政大学学部生・大学院生に限らず、どなたでもご参加いただけます)

   詳細は、以下をご参照ください。

※ご不明な点がありましたら、法政大学国際文化学部(E-mail : jkokusai@hosei.ac.jp)までお問い合わせください。

 以上