総長メッセージ

法政大学は2005年4月にキャリアセンターを設立し、 総合的なキャリア支援プログラムをスタートさせました。 このキャリア支援プログラムの目的は次の2点です。

  1. 学生のみなさんが「キャリア」を自主的に設計するための能力を育成すること
  2. 学生のみなさんが自ら選んだ「キャリア」を送るために 必要な様々な能力を育成すること

「キャリア」とは、どのような職業に就くか、どのような会社に就職するか、といったことだけを指しているわけではありません。働くことを自分の生活や人生の中でどう位置づけていくか、働くことをみずからの役割としてどう引き受けていくか、それを常に問い直しながら積み重ねていく様々な立場や役割の連鎖、それが「キャリア」です。

社会に出れば、働くことが生活の中で大きな比重を占めてきます。職業生活を充実したもの、やりがいを感じられるものにできるかどうかは、学生のみなさん一人一人が大学生活をどう過ごすかによって大きく左右されます。充実した大学生活を送った学生は、4年間の経験を通して大きく成長し、自信を持って社会への一歩を踏み出すことができるでしょう。

キャリアセンターでは、1年生から受講できる段階的なプログラムを用意しています。学部での授業やエクステンション・カレッジでの学びと合わせて受講することで、学生のみなさんの大学生活を充実させるヒントをつかむことができるでしょう。 どうぞ積極的にキャリアセンターを活用して充実した大学生活を送って下さい。