ご挨拶

 マスコミ等の情報からご存知のことと思いますが、就職活動の採用スケジュールが昨年度から大幅に繰り下げられました。そして、今年度の採用広報の解禁日は3月1日のままですが、採用選考の解禁日は8月1日から6月1日に繰り上がりました。わずか1年での変更です。このように流動した環境下、ご父母の皆さま方におかれましては、お子様方の普段の学生生活もさることながら、その後の就職活動のことも大いに気になるところではないかと存じます。


 昨今の流動的で不確定な状況は、学生にとって不安材料になり、迷いや混乱の原因にもなります。就職活動=「まだ先のこと。3、4年生になってから考えればいい」と思いがちですが、心の準備は1、2年生のうちから始められます。そして、なによりも大事なのは普段受講している授業です。ご父母の皆さまの時代とは異なり、今どきの学生はパソコンやスマートフォンをいとも簡単に扱い、メールやSNSをうまく使いこなしている、それゆえ、文章を書き慣れていると思われがちですが、実はそうではありません。授業で課されるレポート課題、ゼミ活動などを通して、企業に勤めたら必要となる業務報告書、企画書、プレゼンテーション資料など、さまざまな文書資料を作成する文章力、構成力を養うことができます。学生たちは、学校で勉強していることが、企業に勤めてから役に立つ情報リテラシーと直結していることに気づいていないようです。


 ぜひ、普段の授業にしっかり取り組むよう、ご父母の皆さま方からもお伝えください。そして、キャリアセンターでは、1、2年生向けのセミナー・イベントから実際の就職活動に対する個別相談に至るまで、キャリアアドバイザーや経験豊富なスタッフがきめ細かく対応していますので、いつでも気軽に相談に来るよう、お話してみてください。ご父母の皆さまもご不明な点、ご不安等ございましたら、ぜひキャリアセンターをご活用ください。


 キャリアセンターは、学生一人ひとりが充実した学生生活を送り、安心して就職活動ができるよう、全力でサポートいたします。