理工学部元教授 檀 良先生が「首都圏経済人」にて放送されました

2019年03月13日

理工学部元教授 檀 良先生は、2018年12月SEMICON Japan(半導体技術の展示会)視察のため来日し、

その際に半導体材料販売会社社長と対談して、

2月27日千葉テレビの番組「首都圏経済人」にて放送されました 。

詳細は、こちらをご覧ください。

 

略歴

檀 良 先生 (ベトナム名:ダン・ルオン・モー)

ベトナム出身

1983-2002 法政大学工学部教授(電気工学科、電子情報学科所属)

定年後、故国ベトナムに戻り、 ベトナムの半導体産業のために尽力。

国家大学ホーチミン校に半導体設計センターICDRECを設立し 、アドバイザーに就任。

ベトナム初のマイクロプロセッサSigmak 3を開発。