■「相原駅から体育館行き」神奈中バスの運行始まる
2004/9/29 掲載
撮影場所/多摩キャンパス
 9月27日(月)から神奈中バスが、JR横浜線相原駅から法政大学体育館までの運行をスタートしました。当日朝9時には、多摩キャンパスの関係者、神奈川中央交通津久井営業所の出席により第1便の到着にあわせて、記念セレモニーを行いました。

 あいにくの雨模様でしたが、正門で多摩事務部付田中義教部長が紅白帯をテープカット、利用客を代表して現代福祉学部2年の粕加屋友里さんが運転士の関口良一さんに花束を手渡し、出発進行。
 関係者の拍手のなか第1便は構内幹線道路に乗り入れ経済学部前で停車後、終点の体育館まで約1キロを無事走行しました。

 この便の学生数は28人で、終点までの利用は15人。大変好評で「校舎のそばに降りられ超便利」「雨の時は特にいいです」「キャンパスの中を路線バスが走り感激」などの感想が寄せられました。

 なお、相原発法政大学体育館行き(急行)は、授業日(平日)に1日あたり4本運行、停車は正門、経済学部、体育館の3カ所です。
キャンパス内への初運行を前に
記念セレモニーが行われました
現代福祉学部生の粕加屋さんから
運転士の関口さんへ花束贈呈
キャンパス内への初運行を前に、記念セレモニーが行われました 現代福祉学部生の粕加屋さんから運転士の関口さんへ花束贈呈
一覧へ>>
“Campus photoあらかると”は各キャンパスの日常風景や施設などを紹介するページです。
更新は随時行います。
法政大学広報・広聴課