法政大学図書館 > アーカイブ一覧 > トピックス > シリーズ3「エネルギーシフトを考える~地域に根ざして」開催(多摩)

シリーズ3「エネルギーシフトを考える~地域に根ざして」開催

2012年07月25日

7月2日~13日に、多摩図書館・サステイナビリティ研究教育機構共催『「フクシマ」を考える~多摩から向き合う震災と原発事故』のシリーズ3「エネルギーシフトを考える~地域に根ざして」を開催しました。

映画上映・パネルディスカッション

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

7月10日(火)に多摩図書館3階学習室2・学習室3にて、シリーズ3映画上映・パネルディスカッションを開催しました。

第一部は 、ドイツで製作された映画『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに』(2008年 / 60分)の上映を行いました。この映画は、ドイツ南西部にあるシェーナウ市の住民グループが、チェルノブイリ原発事故後に、ドイツ史上初の市民による電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴ったドキュメンタリー映画です。

第二部は、「地域のエネルギーシフト」をテーマにしたパネルディスカッションを行いました。 本学教員や大学院生によるエネルギー問題に関する報告や、神奈川県相模原市藤野地域で活動している方から、自立分散型自然エネルギーの取組について紹介してもらいました。

会場の様子

会場の様子

映画上映・パネルディスカッションには43名の参加があり、再生可能エネルギーや地域での暮らしについて考える機会となりました。

<パネリスト>
大平 佳男 氏【司会】(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員)
壽福 眞美 教授(法政大学社会学部)
廣瀬 勝之 氏(法政大学公共政策研究科公共政策学専攻)
小田嶋 電哲 氏(藤野電力)
小山 宮佳江 氏(トランジション藤野)

パネル展示

写真展の様子

写真展の様子

7月2日~13日までの2週間、多摩図書館2階エントランスでパネル展示を開催しました。

1.サステイナビリティ研究教育機構提供
  ・日本やドイツの再生可能エネルギーに関する写真、資料
  ・サステイナビリティ研究教育機構 環境アーカイブズの所蔵資料紹介ポスター等

2.藤野電力提供
  ・藤野電力の活動に関する展示パネル

図書展示

図書展示の様子

図書展示の様子

7月2日~13日までの2週間、多摩図書館2階で図書展示を実施しました。

社会学部 舩橋晴俊ゼミが選定した、再生可能エネルギーや原子力関連施設等に関する図書31冊を展示しました。

舩橋ゼミ作成のキャプションも合わせて展示しました。

終わりに

『「フクシマ」を考える~多摩から向き合う震災と原発事故』は6月から1ヶ月半にわたり開催してきました。

シリーズ1では「原発事故」について、シリーズ2では「福島の現状や支援」について考えてきました。
最後のシリーズ3では「エネルギーシフト」をテーマに、足もとの暮らしを見つめ直し、私たちのこれからの社会について、教員や学生、そして地域の方と一緒になって考えました。

今回の映画会や写真展、図書展示が、この困難を乗り越える新たな知や実践が生まれていくひとつの機会となっていれば幸いです。

お問い合わせ先

多摩図書館 TEL:042-783-2284