勉強&レポート相談、受付中

2011年11月14日

気軽に相談してみよう!
学生のみなさんは、レポートや論文を書く際、困ったことはありませんか?
図書館には、大学院生の学習アドバイザーがいます。
(市ヶ谷:1Fラーニングコモンズ、多摩:2F開架)
誰かに勉強の相談に乗ってもらいたい、レポートのここがちょっと上手くいかない・・・等。
そんな時、どうぞ気軽に学習アドバイザーに相談してください。
今回はアドバイザーの皆さんを紹介します。

学習アドバイザー紹介

市ヶ谷

時間:月~金 12:30-16:30

  • 月曜日 土屋 仁美法律学専攻 博士後期課程3年
     「気になっている事、わからない事、些細な事でも構いません。わからない事がわからなくても、一緒に話しているうちに、頭の中が整理できます。 より良い学習のきっかけに、気軽に話しに来て下さい。」
  • 火曜日 林 泰寛建築学専攻 博士後期課程1年
    「レポート作成に関すること、英語読解に関すること、PC、MACに関すること、インターネットに関すること、建築に関すること、 などを中心にできる限りお答えしたいと思います。よろしくお願いします。」
  • 水曜日 飯塚 義博建築学専攻 博士後期課程2年
    「人文地理学で学部を卒業し(だから文学部です)、都市社会学で修士を修了して(本学の政策科学研究科です)そのあとに建築学専攻といっても建築史・都市史の研究をやっています。 こういう経歴ですので、人文・社会系の学習の相談はお気軽にどうぞ。」
  • 木曜日 周 重雷日本文学専攻 博士後期課程3年
    「学部生の頃から今まで、文系のレポートや研究発表を数多く経験してきたので、読み手や聞き手にとってわかりやすい文章、もしくは好感の持ちやすい文章の書き方を常に考えています。 語学勉強のコツも身につけています。どうぞ相談に来てください。」
  • 金曜日 石井 創日本文学専攻 博士後期課程3年
    「所属は日文科ですが、専門がいわゆる「理系」に近いせいで、「文系」の学生にありがちな、レポートのよろしくない書き方には敏感です。 単なる「青年の主張」ではない、学術的なレポート作成のお手伝いができれば幸いです。」

多摩

時間:月・水・木・金 12:30-16:30
          火・金 13:00-16:30

  • 月・木曜日 岩城 邦義社会学専攻 博士後期課程3年
    「社会学理論、また最近では特にアメリカ文化について研究をしています。アメリカの文化や政治などに興味のある方、 またそれ以外の方も、レポートの書き方など大学生活での勉強方法に困った時には、是非お立ち寄り下さい。」 
  • 火曜日 佐々木 耕平社会学専攻 修士課程2年
    「専門はメディアやサブカルチャーに近い分野、手法はエスノグラフィーによって調査研究を行っています。フィールドワークやインタビューのアポ取りについての疑問、論文やレポートの書き方がわからない、 卒論のテーマが変わってるけどいいのだろうか等、少しでも疑問に思ったことがあれば、是非とも聞きに来てください。」
  • 水曜日 大田 佳奈福祉社会専攻 修士課程1年
    「レポートや論文に関する基本的なことや、資料収集の方法に関して、出来る限りのご相談をお受けいたします。 特に、まちづくり、文化、福祉に関しては、微力ながらお役にたてることもあるかと思います。ぜひお気軽にご相談ください。」
  • 金曜日 一ノ瀬 宏太福祉社会専攻 修士課程1年
    「地域づくり、特に『世界遺産登録や文化財保護制度が地域に及ぼす影響』を現在主だった研究テーマにしており、関連するテーマなら簡単なアドバイスが出来ます。それ以外のテーマや、テクニカルな面に関しても御気軽に御相談下さい。」

 この記事へのお問い合わせは
各カウンターまでお願いいたします。

詳細については以下のページをご覧ください。

  • 学習アドバイザー