法政大学図書館 > アーカイブ一覧 > 展示 > 『JAZZ&FOLK』『読食の秋』『多摩キャンパス昔むかし』(多摩 展示案内)

『JAZZ&FOLK』『読食の秋』『多摩キャンパス昔むかし』(多摩 展示案内)

2011年11月01日

後期展示 NO MUSIC NO LIFE

皆さんのお気に入りの音楽は、どんな音楽ですか?

クラシック、ジャズ、ブルース、レゲエ、ラップミュージック・・・一口に音楽と言ってもさまざまなジャンルがあります。

音楽は、それを奏でる人から耳を傾ける人へ、時代の波や社会問題を乗り越える力を与えてきました。たとえばラップミュージックは80~90年代、黒人問題や貧困層の生活を訴える手段の一つでした。

困難な時代でも、当時の写真には音楽とともに生き生きと暮らす人々の表情が垣間見えます。こうした表情を今回の展示ではお伝えしたいと思います。

11月テーマ「JAZZ&FOLK-with events in the 60s」

11月テーマ「JAZZ&FOLK-with events in the 60s」の様子

11月テーマ「JAZZ&FOLK-with events in the 60s」の様子
【多摩図書館展示風景】場所:2Fゲート付近

11月は、1950年代から60年代に人気を博したジャズとフォークがテーマです。

 60年代には、戦後のベビーブームで生まれた子供が大学生の皆さんと同じ世代に成長し、音楽からファッション、政治までに対して大きな影響を与えていました。公民権運動をはじめとするマイノリティの活動も盛んで、1963年の「私には夢がある(’I Have a Dream’)」というキング牧師の演説は、人種差別撤廃を求める人々に勇気と希望を与えました。

このような時代背景に響応した若者たちの抱いていた夢や想いに、時代背景をよく反映している音楽とともに踏み込んでいきます。

11月展示 読食の秋

11月展示「読食の秋」の様子

11月展示「読食の秋」の様子
【多摩図書館展示風景】
場所:2階中央階段前

昔の日本人はどんな料理を食べていたのか、皆さんは考えたことがありますか?私達がいま食べている料理は先人たちの英知によって現在のかたちになっています。また、同じ素材でも地域によって食べ方に様々なバリエーションがあります。
今月の展示は「読食の秋」と題して、日本の食にまつわる図書を集めてみました。
ガイドブックとは『一味』違う、『美味しい読書』はいかがですか?

11月特別展示 多摩キャンパス昔むかし ~法政大学多摩校地内遺跡群出土資料展~

11月特別展示「法政大学多摩校地内遺跡群出土資料展」の様子

11月特別展示「法政大学多摩校地内遺跡群出土資料展」の様子
【多摩図書館展示風景】場所:2Fエントランス

この記事へのお問い合わせは多摩図書館までお願いいたします。
多摩図書館2Fカウンター TEL:042-783-2264