HOME > 教育・研究 > 研究所・センター > サステイナビリティ実践知研究機構 江戸東京研究センター


江戸東京研究センター

江戸東京研究の先端的・学際的拠点

文部科学省 平成29(2017)年度「私立大学研究ブランディング事業」支援対象に選定された事業「江戸東京研究の先端的・学際的拠点形成」を展開するにあたり、「江戸東京研究センター」を2017(平成29)年度に設立しました。

事業概要

江戸東京に蓄積され現在にも生きる固有の自然・歴史・文化・人的資源の発掘と再評価を通じて、この都市が文化的・空間的に持続している理由を解明し、そこから持続可能な地球社会を構築するための方法と理論とを導き出します。また、その知見を地球社会の諸課題を解決する〈実践知〉として育み広めるために、教育研究拠点として「江戸東京研究センター」を設立し、日本文化の国際的発信者としての法政大学のブランドイメージを確立し展開します。

私立大学研究ブランディング事業について

「私立大学研究ブランディング事業」は、学長のリーダーシップの下、優先課題として全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学を重点的に支援するものです。

本学では、大学憲章「自由を生き抜く実践知」に基づき、本事業を通して、江戸東京に蓄積され現在に生きる知見を、地球社会の諸課題を解決する〈実践知〉として育み広める教育研究を目指します。「江戸東京研究センター」をその拠点として、江戸学研究者でもある田中優子総長を先頭に、日本文化の国際的発信者として、持続可能な地球社会の創造にいっそう貢献してまいります。

【基本情報】

設立年 2017年
所在地 住所:東京都千代田区富士見2-17-1(市ケ谷キャンパス内)
九段校舎別館 1階
TEL: 03-3264-9682