HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2010年度 > 「懸賞論文」「デジタルコンテンツ・コンテスト」「FD学生の声コンクール」の授賞式を開催


「懸賞論文」「デジタルコンテンツ・コンテスト」「FD学生の声コンクール」の授賞式を開催

2011年01月24日

12月23日(木)、ボアソナード・タワー26階のスカイホールで2010年度法政大学「懸賞論文(第33回)」、「デジタルコンテンツ・コンテスト(第6回)」、および「FD学生の声コンクール(第3回)」の授賞式が行われました。

今年度の懸賞論文には過去最高の158編の応募があり、優秀賞2編、佳作13編、入選52編が選ばれました。デジタルコンテンツ・コンテストは55作品の中から、グランプリ1作品、優秀賞3作品、佳作7作品、入選10作品が選ばれ、FD学生の声コンクールは74作品の中から、最優秀賞2作品、優秀賞3作品、佳作10作品が選ばれました。授賞式では賞状と賞金目録が授与されたほか、受賞者のスピーチやデジタルコンテンツ・コンテスト受賞作品の上映も行われ、会場は大きな拍手につつまれました。

授賞式後に行われた祝賀会では、和やかな雰囲気の中で学生と教職員の活発な交流が行われ、論文や作品について熱心に語り合う姿も見られました。また、論文・作品の展示コーナーでは、ジャンルを超えた優秀作品に触れることで、多くの学生が刺激を受けた様子でした。優秀論文やデジタルコンテンツ・コンテストの入賞作品は、ホームページで公開する予定です。また、FD学生の声コンクールの作品は「学生の声」として、本学のFD活動に生かされますので、ご期待下さい。

  • 増田総長挨拶
  • 入賞者に賞状と賞金目録が贈られました
  • グランプリ受賞者スピーチ
  • 共同作成の仲間と受賞の記念撮影
  • 祝賀会会場にて
  • 作品展示コーナーの様子