特集 ~学生・修了生インタビュー~

法政大学を卒業後、大学院に進学した方の声

鈴木さん

大学院だからこそ得られた経験が、
今の自分を支える
土台となっている

鈴木 悠
人文科学研究科 地理学専攻
修士課程【2012年度修了】

勤務先:富士通株式会社

自由な発想で研究テーマを選べた

大学院進学を考え始めたのは学部3年次の夏頃。講義がより専門的になり、学業が面白みと深みを増した時期でした。その後、就職活動もしていたのですが、「もっと勉強したい」「もっと研究したい」という気持ちが抑えきれず、大学院進学を決意。大学院受験と平行して、専攻分野に関係のある気象予報士資格を受験。予備校にも通った末、幸運にも合格ができました。
大学院での研究テーマは「大気・海洋相互作用における熱帯大気東西循環の位相に関する気候学的研究」。熱帯域における大気と海洋の相互作用により異常な大気東西循環が生じ、どのように地球全域に影響を与えるのか、という内容です。非常にスケールの大きなテーマですが、指導教員の佐藤典人先生は「学問的意義があるなら自由にやりなさい」と言ってくださいました。他の大学院では、研究テーマを自由に選べない学生もいて、先輩の研究テーマをそのまま引き継いだり、先生の専門分野を研究する、ということもあるそうです。高い専門性の中でも幅広い多様性があり、自由な発想で研究ができることは、法政の学風を体現していると思います。

刺激を受け、切磋琢磨できる共同自習室

法政大学大学院には、意識の高い人が多く、切磋琢磨できる仲間がいたことは大きな励みになりました。よく利用した場所は共同研究室。抽選ではありますが、一人にひとつのデスクが割り当てられる自習スペースです。そこでは他の専攻の学生も一緒に自習していて、学習の合間にお互いの研究について話したり、意見交換をしたりしました。新たな刺激をもらう機会となっていて、自専攻研究室内だけでは生まれない利点でしたね。研究に没頭する大学院生は、どうしても孤独になりがちですが、こうした雰囲気の良さや仲間意識も、法政ならではの魅力です。

鈴木さん2

就職活動でも、アピールできる内容が増えた

大学院修士課程まで気候学を研究、加えて気象予報士として、気象予報精度の向上に貢献したいという想いがあります。気象予報精度を今より高めるためには、未知の気象気候現象の研究が必要ですし、そのためには気象観測インフラやICT技術の向上が欠かせません。そうした考えから就活時は、アメダスのシステムなどを支えるICT企業を中心に就職先を検討しました。
一般的に文系大学院生の就職活動は難しいとよく言われますが、そのようなことを感じたことはありません。気象予報士の資格取得や課外活動、そして何より「研究」という没頭できた経験があったからでしょうか。大学院で学んだからこそ、学部卒業時よりもアピールできる内容が多く、有り難くも現在の会社に就職することができました。 
私は法政大学大学院で2年間学び、専門知識はもちろんのこと、文章力、人に伝える力、物事を深く考える力など、多くのことが得られ、人として大きく成長することができました。この経験が今、社会に出て自分を支える大きな土台となっています。