全研究科 > 在学生の方へ > ニュース > HOME > 2014年度 博士論文出版助成金受給者が決定しました

2014年度 博士論文出版助成金受給者が決定

2014年07月18日

法政大学大学院では、先端的研究を担う若手研究者の育成と、高度な専門性を有する職業人の育成を目的に、いま様々な教学改革を積極的に推進しています。この一環で、2011年度創設した「博士論文出版助成金制度」に関し、今年度の助成対象者が決定しましたのでここにお知らせします。

本制度は、本学大学院で博士学位(課程・論文)を取得して5年以内の方々を対象に、その優れた研究成果を広く社会に公開すると同時に、学位取得後の研究活動を支援する目的で創設されました。創設4年目の今年度は12名からの応募があり、「博士論文出版助成金審査委員会」による厳正な審査を経て、以下の6名に対し助成を行うことが決定しました。
選ばれた6名の方々は、今年度内に当該博士論文を学術単行本としてそれぞれ専門出版社より刊行するかわりに、本学からはこの出版経費について100万円を上限として、実費支給されます。

本学で博士学位を授与された方々が、この「博士論文出版助成制度」を活用することにより、その傑出した研究成果を一つの作品にまとめ、今後さらに充実した研究活動を送られることを、真に願うところです。

本出版助成金制度は今後も継続します。関係者の皆様には、それに備え着実に準備を進めるようにお願いします。

2014年度 博士論文出版助成金受給者

研究科・専攻氏 名博士学位
取得年月
論文タイトル
人文科学研究科
日本文学専攻
Urbanova Jana2014年3月琉歌の表現研究-和歌やオモロとの比較-
人文科学研究科
日本史学専攻
齋藤 智志2014年3月近代日本の史蹟保存事業とアカデミズム
政治学研究科
政治学専攻
野村 陽子2012年3月看護の政策過程-准看護師問題と訪問看護制度を中心に-
政治学研究科
政治学専攻
小池 康仁2012年3月「境界線」の変動と民衆-琉球列島における「密航・密貿易」(1949-1951年)の政治社会学的考察-
社会学研究科
社会学専攻
長島 怜央2014年3月グアムにおける先住民運動とレイシズム・植民地主義に関する研究-先住権問題とカラーブラインド・イデオロギー-
人間社会研究科
人間福祉専攻
呉 世雄2013年3月介護老人福祉施設における経営成果とその影響要因に関する研究(介護保険制度下における施設経営への制度的・組織的要因に関する実証分析)