法政大学東日本大震災復興支援研究助成金

「東日本大震災復興支援本部」では、本学の被災地復興支援の一環として、学内における被災地復興支援に活かされる学術的研究課題に助成金を出すことで、研究を推進させ、法政の知を社会に還元するとともに被災地復興に寄与することを目的として、学内教職員を対象とした「法政大学東日本復興支援研究助成金」を設置しました。2011年度から3年間を目途に、毎年研究課題を募集・選定し、優れた研究課題に助成金を支給します。

※本助成金の募集は終了しております。

2013年度 法政大学東日本大震災復興支援研究助成金募集概要

研究プロジェクト要件

東日本大震災被災地の復興に役立つ研究であること。
関連自治体や各組織との連携を強化でき、本学の社会的役割を果たすことができる研究であること。

資金助成期間

2011~2013年度の3年間。ただし、各プロジェクトへの助成は単年度のみとし、再応募を認める。

助成金額

1プロジェクトあたり最大200万円を補助する(総額で最大1000万円)。採択プロジェクトごとの交付金額は、内容を総合的に勘案して決定する。

応募単位

研究グループ単位(研究者個人での応募は不可)

採択結果

各年度の採択結果は以下の通りです。