資格

キャリアデザイン学部では、学生一人ひとりが自らの目的や希望にそって学びを充実させ、より豊かなキャリア形成をしていくために、基本となる授業科目に加えて、さまざまな資格を取得したり、学外での活動を広げていくことを奨励しています。とくに本学部では、他社の学びを専門的に支援することができる人材を育成するために、教員免許や博物館学芸員をはじめ、いろいろな資格や認定を得るためのサポート体制を整えています。

教員免許

キャリアデザイン学部では、所定の科目を修了することによって、以下の教員免許が得られます。

  • 中学校(一種)  :社会科
  • 高等学校(一種):地理歴史科・公民科・商業科

教職課程に必要な科目のうち、一定単位数を学部の卒業に必要な科目として認定することにより、学生が教員免許を取得しやすいように配慮しています(以下の項目における資格関係科目も同様です)。また、法政大学の教育学専攻の専任教員のほとんどが本学部に所属しており、教員志望の学生にとっては、適切な指導や助言が身近で得られる環境が整っています。

博物館学芸員

所定の科目を修了することによって、社会教育施設である博物館(歴史博物館、美術館、文学館、等)の専門的職員である「博物館学芸員」の資格を取得することができます。博物館学関係の専任教員も本学部に所属しており、学芸員志望の学生が指導や助言をより受けやすい環境が整っています。

図書館司書・司書教諭

所定の科目を修了することによって、図書館業務の専門職である「図書館司書」、および学校図書館の専門的職務を担う「司書教諭」(ただし教職免許の取得が必須)の資格を取得することができます。これらの資格を統括する専任教員も本学部に所属しています。

社会教育主事

所定の科目を修了することによって、地方自治体などで地域の人々の生涯学習の支援を担う専門的教育職員である「社会教育主事」の資格取得の要件を得ることができます。

地域学習支援士

この資格は本学部が独自に認定する資格で、卒業までに指定された科目から30単位以上(実習を含む)を取得すれば、学部の認定証を交付します。まちづくりや地域文化振興、青年自立支援、多文化理解、コミュニティ・メディアなどの専門分野があります。地域社会のコーディネーターの役割をはたす人材を育成し、地方公務員や地元企業、非営利団体などの就業に役立てるとともに、教職や社会教育関連の資格と併用して専門職に求められる専門性を習得することを目的としています。

日本語教師

日本語教師を目ざす学生のために、日本語教育能力検定試験に対応した科目を「関連科目」として用意しています。また「多文化社会論」をはじめ、「展開科目」のなかにも異文化教育や異文化理解のための科目が含まれています。

会計プロフェッション

会計学を専門とする専任教員が本学部に所属しており、経営学部の協力を得て、会計学の科目を系統的に学ぶプログラムを用意しています。公認会計士などの資格取得を目ざす学生を支援しています。

キャリアアップ奨励金

さまざまな資格取得にチャレンジする学生を支援するため、「キャリアアップ奨励金」制度を設けています。学生がとりくむ学習活動のうち、本学部の趣旨に合致するものについて、その講座の受講料や資格試験の受験料を補助する制度で、毎年、多くの学生が資格取得に取り組んでいます。

キャリアアップ奨励金 対象講座および資格
簿記、税理士、行政書士、ファイナンシャルプランナー、日本語教師、秘書検定、マスコミ講座、産業カウンセラー、生涯学習インストラクターなど

CLOSE-UP

学生用ユーザサポート

授業支援システム