文学部について

現代社会では、加速度的に国際化・情報化が進んでいます。ますます拡大し、複雑化する現代社会において、「人間」と「文化」の本質をさまざまな角度から探求するのが、文学部。哲学科、日本文学科、英文学科、史学科、地理学科、心理学科の各分野で、それぞれの視点から「人間であること」について深く掘り下げます。 各学科での専門教育を支え、さらに幅広さと奥行きを与える多彩な教養教育科目が、体系的・総合的に設置されているのも特長。また、日本文学科ではフレックスタイム制を導入するなど、より多くの学びの機会を提供するよう環境をととのえています。

学部長メッセージ

文学部長 小秋元 段


文学部の理念・目的

本学は、高等教育機関としての公共的使命の重さを認識し、教育研究の質の向上に取り組む姿勢を社会に広く表明するため、大学および各学部・研究科の「理念・目的」と「教育目標・各種方針」を策定・公表しています。


教育目標

文学部は、各学科のカリキュラムのもと、人材を育成しています。


特色

ゼミナールとは一人の先生の元に少人数の学生が集まり、主体的に学び、発表や討論を行う学習方法です。


学科紹介

好奇心の扉を叩こう。


関係が深い研究所

  • 沖縄文化研究所
  • 野上記念法政大学能楽研究所

法政大学文学部紀要

法政大学文学部紀要 第48号 (2002年度)より


文学部案内

文学部で作成している学部パンフレット「文学部案内」のデジタルパンフレットをご覧いただけます。