HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法政大学現代法研究所 国際女性デー記念シンポジウム開催


法政大学現代法研究所 国際女性デー記念シンポジウム
「日仏における第三者の介入する生殖補助医療と法:誰の権利をどのようにまもるのか」開催

2016年03月02日

法政大学ボアソナード現代法研究所(所長:荒谷裕子)は2016年3月12日に国際女性デー記念シンポジウム「日仏における第三者の介入する生殖補助医療と法:誰の権利をどのようにまもるのか」を開催します。
第三者の介入する生殖補助医療-当事者の権利をどのように保護するのか。日本は、生殖補助医療の実施数、施設数では世界一。しかし法律はありません。フランスは、生命倫理法によって生殖補助医療は規律されています。が、近年のヨーロッパ人権裁判所判例は法曹界を揺るがしています。権利保護と公序の均衡をとるために必要な要件は何なのか。当事者の声を通じて、そして日仏の法制度の比較的考察から答えを探ります。

開催概要

日時 2016年3月12日(土)10:00~18:30 開場9:30
会場 日仏会館1階ホール
(アクセス)東京都渋谷区恵比寿3-9-25
主催 法政大学ボアソナード記念現代法研究所
共催 日仏女性研究学会・日仏会館フランス事務所
後援 ジェンダー法学会、日本女性法律家協会
プログラム 総合司会:佐藤浩子氏(日仏女性研究学会、川村学園女子大学名誉教授)
第I部(10:00-12:00)
生殖補助医療の法制化をめぐる対照的な二つの国-フランスと日本-
司会:石田久仁子氏(日仏女性研究学会)
開会挨拶:Marquet所長
①基調講演 フランス生命倫理法の現状と課題 Pr.François Vialla(Université de Montpellier)
②基調講演 「日本における第三者の介入する生殖補助医療の法制化」の課題 建石真公子(法政大学)
第II部(13:30-15:30)
精子提供、卵子提供-当事者の権利「個人・カップル・家族」の尊重
司会:小門穂氏(大阪大学)
①親:生殖の自由とその規制 柘植あづみ氏(明治学院大学)
②子:出自を知る権利 川村百合氏(弁護士)
③同性愛カップルの家族を作る権利 東小雪氏(作家・アクティビスト)
④医療の立場から 清水清美氏(城西国際大学)
第III部(15:50-17:20)
第三者の介入する生殖補助医療の規制と裁判所の役割
司会:來田享子氏(中京大学)
①フランスにおける代理母禁止法制と親子関係に関する司法判断 Pr.Thierry Renoux(Université d’Aix-Marseille)
②日本における生殖補助医療における親子関係と司法判断 和田幹彦氏(法政大学)
第IV部(17:30-18:30)
ラウンドテーブル
「生殖補助医療をめぐる権利と規制-女性の権利・子の権利・人間の尊厳・医療・司法」
閉会挨拶:佐藤浩子氏(日仏女性研究学会、川村学園女子大学名誉教授)
参加 参加費無料/定員150人
申し込み 下記、日仏会館ウェブサイト申し込みページにてお申し込みください

この件に関するお問い合わせ先

法政大学ボアソナード記念現代法研究所 担当:吉田 TEL:03-3264-9380
日仏会館 TEL:03-5424-1141 E-mail:bjmfj@mfjtokyo.or.jp