HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 高校生・受験生を対象に体験学習「デザインスクール」を開催 「工学」と「美学」が融合した特徴的な実習の一部を体験


高校生・受験生を対象に体験学習「デザインスクール」を開催
「工学」と「美学」が融合した特徴的な実習の一部を体験

2015年06月18日

デザインスクール

法政大学デザイン工学部では、8月23日に高校生・受験生を対象とした体験学習「デザインスクール」を開催します。

本イベントは、言葉では伝えることのできないデザインや設計の楽しさを、体験によって伝えるために夏休みの期間に開催しており、今年で3回目の開催となります。

参加者は、建築学科、都市環境デザイン工学科、システムデザイン学科のスタジオ系特別授業に参加することで、「工学」と「美学」を融合させるデザインの楽しさを体験することができます。ものづくりやデザインに興味のある方にお楽しみいただけます。

開設コース

Aコース(建築学科)

<昨年の様子><br />完成した作品について赤松 佳珠子准教授からの講評がおこなわれている様子

<昨年の様子>
完成した作品について赤松 佳珠子准教授からの講評がおこなわれている様子

『空間模型をつくり、体験しよう!』

建築物は実物大の模型をつくることができません。小さな模型をつくり、ぐるぐると回しながら眺めたり、中を覗き込んだりしながら、構想中のアイデアを確かめています。
でも、模型によるバーチャルな空間体験も、もうちょっと大きく模型をつくれば、リアルな体験になるかもしれません。みんなで大きな空間模型をつくり、確かめてみませんか?

Bコース(都市環境デザイン工学科)

<昨年の様子><br />参加者全員で制作した東京のまちの一角の模型

<昨年の様子>
参加者全員で制作した東京のまちの一角の模型

『プロの材料で町の模型を作ってみよう!』

町の模型を作り、上から眺めてみるといつもと違うまちの姿が見えてきます。プロが使う材料、機材使ってあなたの町の模型を作ってみませんか。
うまくできたら持ち帰って部屋に飾ってください。

Cコース(システムデザイン学科)

<昨年の様子><br />実際に野外に出て生物を観察し、そこからデザインのアイデアを展開して機能的で美しい照明器具を作成した様子

<昨年の様子>
実際に野外に出て生物を観察し、そこからデザインのアイデアを展開して機能的で美しい照明器具を作成した様子

『風や光をデザインしよう?!』

この東京にいても私たちは自然をいろいろな所で、様々な時に感じます。でも風や光は形として見えてきません。見えないものをどうしたら見える形にする事が出来るかみんなで楽しいアイデアを出して形にしてみましょう。
見えないものを見えるものへ!

開催概要

日時2015年8月23日(日)10:00~15:30
会場法政大学 市ケ谷キャンパス 市ヶ谷田町校舎
(所在地)東京都新宿区市谷田町2-33
参加対象ものづくりやデザインに興味のある高校生および受験生
参加費用無料(ただし、交通費・昼食代は自己負担です)
募集人員各コース20名程度
申込方法(1)氏名、(2)学校名・学年(既卒の方は学校名のみ)、(3)住所、(4)電話番号、(5)希望コース を明記の上、下記E-mailにてお申し込みください。
designschool(at)ml.hosei.ac.jp ※(at)部分を@に置き換えてください。
申込締切2015年8月5日(水)17:00
URL

なお、同日は16:30まで市ケ谷キャンパスでオープンキャンパスを開催、翌24日も10:00~16:30でオープンキャンパスを開催しています。

この件に関するお問い合わせ先

法政大学 デザイン工学部事務室
TEL:03-5228-1347 E-mail:designschool(at)ml.hosei.ac.jp ※(at)部分を@に置き換えてください。