HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 新入生の悩みを先輩が聞きます 「新入生サポーター」が特設ブース開設-4月3日入学式当日も開催-


新入生の悩みを先輩が聞きます
「新入生サポーター」が特設ブース開設-4月3日入学式当日も開催-

2015年03月27日

昨年の相談風景

昨年の相談風景

本学では、学習ステーション(ステーション長/木原章経営学部教授)※の学生スタッフ「新入生サポーター」による新入生の相談対応を下記の日程で行います。

「新入生サポーター」は新入生が入学して、初めての授業登録を終えるまでの間、先輩学生アシスタントが特設ブースで、新入生のキャンパスライフのスタートアップをサポートするものです。
大学施設から履修要綱の読み方、時間割の組み方など多岐に渡る相談を受け、先輩の経験談や、対応する事務窓口の紹介を行います。2014年度の相談件数は、延べ1,456人(4/1~4/18)でした。

2015年度は37人の「新入生サポーター」が5人~8人のシフトを組み対応予定です。
4月3日の入学式(於:日本武道館)当日も開設しており、同日は外濠校舎3F(S305教室)で開催の「父母・保証人向けのキャリアセンターガイダンス」も開催します。

日程 4月1日(水)~17日(金)
時間 11:10~16:40(土日除く)
スタッフ数 11:10~12:40 5人/12:40~16:40 8人
場所 市ケ谷キャンパス外濠校舎1F 学生センター前特設ブース
(千代田区富士見2-17-1)JR・地下鉄 飯田橋駅または市ケ谷駅 徒歩約10分

※学習ステーション
2011年4月開設。「単位の実質化」に向けた取り組みの一環として、学生の授業時間以外の学習活動を様々な形でサポートすることで、学生の学習意欲の向上と、学習活動の活性化を目標として活動する、ピア・サポート(仲間同士の助け合い)を取り入れた、全く新しい学習サポートセンターです。「新入生サポーター」のほか、常駐学生スタッフによる企画(留学経験談、TOEIC勉強会等)、教員による昼休みの30分間を使って行うショートゼミ「Lステゼミ」、大学職員が就業体験を述べる「職員トーク」など行っています。

本件に関する報道関係の方のお問合せ先

法政大学広報課 担当 吉田、菅野(TEL:03-3264-9240)