HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > キャリアデザイン学部 連続シンポジウム第15回 グローカル人材を創る-社会はどのような人材を求めているか?大学教育は何をすべきか?- 開催


キャリアデザイン学部 連続シンポジウム第15回
グローカル人材を創る-社会はどのような人材を求めているか?大学教育は何をすべきか?- 開催

2014年10月08日

法政大学キャリアデザイン学部は創部以来続く連続シンポジウムの第15回と位置づけ「グローカル人材を創る-社会はどのような人材を求めているか?大学教育は何をすべきか?-」を開催します。


今、社会から求められている人材とはどのような資質・能力を備えた人材であるのか、その要請に対してキャリアデザイン学部はしっかり応えてきたのか( 今、応えることができているのか )を検証し、キャリアデザイン学部に足りないものは何か、社会から見たキャリアデザイン学部の役割を再考する機会とする。さらに、これからどのように進むべきかの指針を示す。

社会から求められている人材をグローカル人材と考え、このような人材が求められる背景、大学および本学部が社会の要請に応えることができているのか、何が十分で何が足りないのか、これから何をすべきかについて議論を進め、本学部の今後の取り組み、グローカル人材の育成に対する示唆・知見を共有する。

開催概要

日時 2014年10月18日(土)13:00~16:35 (12:30より受付開始)
会場 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階 スカイホール
(アクセス)東京都千代田区富士見2-17-1
市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分
プログラム 【 パネルディスカッション内容 】
<1部:グローカル人材は育っているか、育ってきたか> 13:00~
(1) 社会はどのような人材を求めているのか
(2) グローカル人材はどのように創られていく、どのように創っていくべきと考えるか、あるいは大学教育で養成することは難しいのか
(3) 大学はこの要請に応えられているのか
(4) 本学部の取り組んできたことは社会の要請とマッチしていたのか
(5) 大学・本学部は、実際に応えることができているのか( 本学部の教育は、想定した人材を輩出できているのか )
<2部:グローカル人材の育成を展望する> 14:55~
(6) 大学・本学部には何が十分で、何が足りないのか
(7) 今後、われわれ( 本学部だけにかかわらず大学教育全般、産業界含めて ) は何をすべきか、それぞれの立場から
参加 参加費無料
定員 150名( 定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます )
申し込み 参加を希望される方は、お名前・ご所属・連絡先(メールアドレス・電話番号)を添えて、下記の宛先にウェブもしくはファックスにてお申し込みください。 FAX: 03-3264-4264

※本シンポジウムにおいては“グローカル人材”を「(1)多様な価値観、文化を理解することのできる豊かな教養と幅広い知識に支えられたグローバルな視野をもちながら、(2)目の前にある“現実”の課題を“実際”に解決していくことのできる人材」と定義する。

この件に関するお問い合わせ先

法政大学キャリアデザイン学部
TEL:03-3264-9341 FAX:03-3264-4264 E-mail:jcd@hosei.ac.jp