HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > グローバル人材育成推進事業 国際キャリア支援シンポジウム 君のグローバル人材の理解は間違ってる!?


グローバル人材育成推進事業 国際キャリア支援シンポジウム
君のグローバル人材の理解は間違ってる!?

2014年01月23日

法政大学ではグローバル人材育成事業の一環として、国際キャリア支援シンポジウムを実施します。

グローバル人材の育成が日本社会の急務だと言われています。多くの学生諸君は、外国語(英語)を自由に操れることがグローバル人材の第一要件だと考えています。しかし、英語がよくできても大事な仕事を任されていない人もたくさんいます。他方、英語はたどたどしいけれど、重要なグローバル案件を次々に任されて結果を出している人も数多くいます。それではグローバル人材に求められる要件とは何でしょうか。本シンポジウムでは、企業経営者、実務家、国際業務に携わる若手人材とのディスカッションをとおして「グローバル人材」の意味を問い直すきっかけとしたいと思います。

開催概要

日時 2014年2月4日(火)13:30~17:30(受付12:30)
※一般公開は15:55まで
会場 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階スカイホール
(東京都千代田区富士見2-17-1 市ケ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分)
プログラム









第1部 基調講演+対談
基調講演 企業が考えるグローバル人材とは
講演者 北山禎介氏(株式会社三井住友銀行会長、法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント専攻客員教授)
1969年東京大学教養学部卒業後、三井銀行入行。ニューヨーク勤務、さくら銀行横浜駅前支店長、バンコク支店長などを経て、1997年取締役総合企画部長。2001年のさくら銀行と住友銀行の合併では、企画担当常務として統合を成功に導いた。2005年に三井住友フィナンシャルグループ社長並びに三井住友銀行会長に就任し現在に至る。
特別対談 グローバル人材の理解を問い直す
北山禎介氏+藤村博之(法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント専攻教授)
第2部 パネルディスカッション
テーマ 異文化コミュニケーションで必要なスキルとは
パネリスト:
曙ブレーキ工業株式会社 山田美香 氏/株式会社アイリッジ 黒瀬翼 氏(本学卒業生)/伊藤忠商事株式会社 白井諒二 氏(本学卒業生)/特定非営利活動法人「地球の木」古田麻利子 氏(本学卒業生)
ファシリテータ:
後藤一美(法政大学法学部教授)
第3部 座談会(本学在学生とOB・OG) ※学生定員30名、事前予約制
第2部で登壇いただいた皆さまに加えて、グローバル・ビジネスの現場で活躍している中堅・若手OB・OGと本学学生による座談会をおこないます。学生10名程度で1グループとして、そこにOB・OGの皆さんに入っていただき、自由にお話いただく企画です。
申込 下記サイトからお申込みください。(締切:1月27日/定員に達し次第締切)参加無料

本件に関するお問合せ先

国際キャリア支援プロジェクト事務局(法政大学キャリアセンター内) 担当:大山・古川
電話 03-3264-9608 / e-mail ishu@hosei.ac.jp