HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法政大学教職課程センター シンポジウム いじめ問題を考える 大学における教員養成の視点にたって


法政大学教職課程センター シンポジウム
いじめ問題を考える
大学における教員養成の視点にたって

2013年09月05日

PDF(1,706 KB)

現在、いじめ問題は国民的関心事であり、またその中で本学教職課程センター長・教授 尾木直樹氏は精力的に活動し、注目をあびています。この問題は同時に学生にとっても関心事であり、その「体験」をどう総括するかが、今後の生き方、特に教職を目指す学生にとっても重要です。

本シンポジウムは大学における教員養成の視点にたっていじめの問題を考えます。

開催概要

日時 2013年10月2日(水) 18:20-20:45
会場 法政大学市ケ谷キャンパス 外濠校舎 2階 S205教室
プログラム 18:20-18:30 開会挨拶
18:30-19:10 【講演】
いじめはなぜ止められないのか
子どもの命がなぜ守れないのか
尾木 直樹 (法政大学教職課程センター長 )
19:10-19:40 【報告】
わが子のいじめ
自殺を通していじめを考える
小森 美登里(NPO法人ジェントルハートプロジェクト理事)
19:40-19:50 休憩
19:50-20:10 【報告】
自分たちの体験からいじめを考える
法政大学キャリアデザイン学部生/遠藤 野ゆり(法政大学キャリアデザイン学部准教授)
20:10-20:40 講演・報告を聞いて
20:40-20:45 閉会挨拶
申し込み 事前申込(メールにて)・先着定員制
kkc@ml.hosei.ac.jpまで以下申し込み情報を記入してお送りください。
(一般の方・卒業生・法政大学教職員)
(1)件名:シンポジウムの申し込み (2) 氏名 (3)ふりがな (4)電話番号 (5)参加人数
(法政大学学部生・大学院生の方)
(1)件名:シンポジウムの申し込み (2)氏名 (3)学部・学科 (4)学生証番号 (5)携帯番号
※参加費は無料です。どなたでもご参加いただけます。

本件に関するお問合せ先

法政大学教職課程センター
TEL:03-3264-5562 e-mail:kkc@ml.hosei.ac.jp