HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 「飯田橋 防災体験EXPO」と法政大学が連携 レスキューロボットを法政大学生が実演・説明


「飯田橋 防災体験EXPO」と法政大学が連携
レスキューロボットを法政大学生が実演・説明

2013年08月28日

防災マップ作成ワークショップ、イベント運営にも学生が参加

学校法人法政大学(総長:増田壽男/以下、法政大学)は、9月1日(日・防災の日)に飯田橋サクラパークで開催される「飯田橋 防災体験EXPO」において、理工学部電気電子工学科伊藤一之准教授が開発したレスキューロボットの実演及び説明を研究室の学生(院生を含む)が行うほか、防災マップ作成やイベント運営にスタッフとして参加します。

※今回実演するヘビ型は中央のもの

※今回実演するヘビ型は中央のもの

レスキューロボット「人命探査用ヘビ型ロボット」は、大規模な災害が発生した際に人命救助活動を支援するために開発されたものです。生物の仕組みをヒントに、非常に簡単な機構にもかかわらず環境に合わせて柔軟に動ける仕組みが特徴で、救助隊員の不足を想定してラジコンカーの要領で誰でも操作できるなど、大災害発生時にも活躍できる構造になっています。今回のイベントでは、伊藤研究室の学生によって製作された実際のロボットを展示するとともに、伊藤准教授をはじめ、研究室の学生・院生がロボットの実演及び説明を行います。今後は、ロボットに学習機能を搭載し自律性の向上を目指していく予定です。

photo2

その他、被災地支援の継続と防災活動を行っている本学市ヶ谷ボランティアセンター学生団体「チームオレンジ」は、登録団体である国際ボランティア学生協会と合同で、イベント内で防災マップの作成を行います。さらに本学の学生を中心に主に千代田区で地域に密着した活動をしているまちづくりサークル「ACIプロジェクト」の学生もスタッフとしてイベント運営に携わります。

法政大学では災害対策においても広く社会に資する研究と教育を実践するとともに、地域と連携しながら更なる防災強化にも取り組んでまいります。

「飯田橋 防災体験EXPO」概要

日時2013年9月1日(日) 9:30~15:30
主催飯田橋駅西口地区市街地再開発組合
協力三井不動産株式会社/前田・鹿島建設共同企業体
企画運営リクルート住まいカンパニー/NPO法人ネイバーズミーティング
運営協力東京逓信病院/法政大学学生センター/法政大学ボランティアセンター/
東の食の会/株式会社マイライフ・ハウジング
後援千代田区
会場飯田橋サクラパーク 特設会場(千代田区富士見2-10)
プログラムみちのく炊き出し屋台/はしご車体験&防災訓練/起震車体験/
防災マップ作り&AED救護体験/レスキューロボットがやってくる

本件に関する報道関係の方のお問合せ先

法政大学 広報課/担当 吉田
TEL:03-3264-9240

本件に関する一般の方のお問合せ先

飯田橋 防災体験EXPO運営事務局(株式会社マイライフ・ハウジング内)/担当田中
TEL:03-3456-7304 受付時間:9:00~18:00(月~土曜日)