HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 社会学部創設60周年記念事業「『水俣』、『原発』のテレビドキュメンタリーに見る戦後-テレビドキュメンタリー・アーカイブからの問い-」


社会学部創設60周年記念事業 テレビドキュメンタリー連続上映会
「水俣」、「原発」のテレビドキュメンタリーに見る戦後
-テレビドキュメンタリー・アーカイブからの問い-

2013年06月20日

テレビドキュメンタリー・アーカイブは、流れ去ったドキュメンタリー番組をよび戻し、時間の彼方に散在していた記録と記憶を、「いま、ここで、私たち」に召喚する。
述べ8時間超の「水俣」と「原発」をめぐるドキュメンタリー番組の連続上映で、3.11原発震災後に至るまでの戦後日本社会の何が見えてくるのか。それを、番組製作者たちとともに掘り起こす。「しなやかなテレビの手法」と評され、テレビによる調査報道の嚆矢をなしたドキュメンタリー番組『埋もれた報告』の製作者、大治浩之輔も再び語る。
この連続上映会は、アーカイブ研究の成果をメディア、ジャーナリズムの実践的教育のみならず、関連領域の研究と教育とも往還させようとする試みである。

開催概要

日時 第1回 2013年6月25日(火)13:30開始
第2回 2013年7月 9日(火)13:30開始
主催 法政大学社会学部
会場 法政大学多摩キャンパス社会学部棟102教室 (町田市相原町4342)
  めじろ台駅・西八王子駅より京王バス「法政大学行」
  相原駅より神奈川中央交通バス「法政大学行」または「大戸行」
コーディネーター 小林 直毅(法政大学社会学部教授)
プログラム 第1回 6月25日 13:30開始
 【ドキュメンタリー番組上映1】
  ・NHK『ネットワークでつくる放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月~』
  ・日本テレビ『行くも地獄、戻るも地獄~倉澤治雄が見た原発ゴミ~』
 【制作者トーク1】 水島宏明(法政大学社会学部教授『行くも地獄、戻るも地獄』制作者)
 【ドキュメンタリー番組上映2】
  ・NHK『苦渋の決断~水俣病40年目の政治決着~』
  ・NHK『不信の連鎖~水俣病は終わらない~』
 【制作者トーク2】 山口智也(NHKディレクター、『不信の連鎖』制作者)

第2回 7月9日 13:30開始
 【ドキュメンタリー番組上映1】
  ・NHK『奇病のかげに』
  ・RKK(熊本放送)『111 奇病15年のいま』
  ・NHK『ドキュメンタリー 埋もれた報告~熊本県公文書の語る水俣病~』
 【制作者トーク】 大治浩之輔(元NHK記者、『埋もれた報告』制作者)
 【ドキュメンタリー番組上映1】
  ・NHK『ネットワークでつくる放射能汚染地図4~海のホットスポットを追う~』
  ・NHK『小良(おら)ヶ浜ふたたび~福島・原発の浜の漁師たち~』
参加費 無料
申込方法 事前予約不要

本件に関するお問い合わせ先

法政大学社会学部事務課
電話: 042-783-2352

法政大学社会学部教授 小林直毅
E-Mail: naokik@hosei.ac.jp