HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法政大学 2012年度就職希望者決定率 97.4%(昨年対比 0.4%増)


法政大学 2012年度就職希望者決定率 97.4%(昨年対比 0.4%増)

2013年05月20日

学校法人法政大学(総長:増田壽男/以下、法政大学)は、2012年度卒業生を対象とする進路状況を調査し、就職希望者に対しての就職決定率が97.4%に確定いたしましたので、ここにご報告致します。(2013年5月20日現在) 2012年3月卒業生の進路報告届は、卒業生7,236名のうち、6,667名から提出を得ました。内訳は、「就職者」5,169名、「進学者」568名、「その他」930名となっており、就職希望者決定率は2011年度(97.0%)と比較し、0.4ポイントの微増でした。

法政大学は「キャリアとは自分らしい生き方である」ととらえ、入学時から全学生を対象にキャリア形成をきめ細かくサポートできるようさまざまな支援を行っています。引き続き厳しい就職状況が続く中、学内 企業説明会を増やすことをはじめ、従来の学生を大教室に一同に集めて行う講義形式による行事を実施することはもちろんのこと、同時に少人数規模のプログラムも用意し、重層的なサポートを目指します。また、グループワークやディスカッションなど、体験ベースの指導も織り交ぜることで、学生の持っている 資質・能力を最大限に引き出すことができるようなサポート体制をとっていく所存です。

※就職希望者決定率は「その他」のうち、進学準備・公務員試験準備・留学・アルバイト等を除いて算出。
※就職希望者決定率算出の際、在職者の方達は計算から除外。

本件に関する報道関係の方のお問合せ先

法政大学 広報課 担当:吉田 (TEL: 03-3264-9240)