HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > IM研究センター 第19回講演会「日本企業のグローバル競争戦略~味の素のグローバル経営を中心に~」


法政大学イノベーション・マネジメント研究センター 第19回講演会「日本企業のグローバル競争戦略~味の素のグローバル経営を中心に~」

2012年10月17日

現在日本企業は、海外勢に押し込められている企業がある一方、食品の味の素や化粧品の資生堂など、数十年をかけて着実にグローバル・プレゼンスを拡大し、海外の収益性を国内の倍から数倍も高めている企業があります。この講演会では、味の素を中心に資生堂、トヨタ自動車、パナソニックなどの各業界企業のグローバル・ビジネス・モデルを比較検証しながら、日本企業のグローバル競争力強化の将来展望をし、その方向性を提案します。

【開催概要】

■日時:2012年11月10日(土)13:30~15:00(開場13:00)

■会場:法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー25階
     イノベーション・マネジメント研究センターセミナー室
     (千代田区富士2-17-1)JR・地下鉄 飯田橋駅または市ヶ谷駅 徒歩約10分

■講演者:林 廣茂氏(西安交通大学管理大学院客員教授)

■司会進行:小川 孔輔(法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授、
        イノベーション・マネジメント研究センター所員)

■入場料:無料

■定員:40名(定員に達し次第締切)

■申込方法:※申込締切は11月7日(水)
件名を「11月10日 講演会申込み」とし、(1)氏名、(2)氏名フリガナ、(3)所属・勤務先、(4)連絡先電話番号、(5)FAX番号、(6)E-mailアドレスを明記のうえ、E-mailまたはFAXで下記までお申込みください。

<E-mail>cbir@adm.hosei.ac.jp
<FAX>03-3264-4690

■主催:法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
     法政大学イノベーション・マネジメント研究センター「ブランドマネジメント研究会」

■その他:お車でのご来場はご遠慮ください

林 廣茂 プロフィール

1964年同志社大学法学部卒業、1972年インディアナ大学経営大学院MBA課程修了、1996年法政大学大学院社会学研究科経営学専攻博士課程満了。
同志社大学大学院ビジネス研究科教授などを経て、現在、中国・西安交通大学管理大学院客員教授。著書に、『国境を越えるマーケティングの移転』(同文舘出版)、『幻の三中井百貨店』(晩聲社)、『日韓企業戦争』(阪急コミュニケーションズ)など。
“The Transfer to China of Brands Made in Japan, ROK, the USA, France and Germany”でEAMSA (Euro-Asia Management Studies Association) 最優秀論文賞(2008年)。
専門分野は、マーケティング戦略、グローバル・マネジメント、グローバル・マーケティング、地域経営・地域ブランディング、韓国企業など。

【本件に関するお問合せ先】

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
TEL:03-3264-9420
FAX:03-3264-4690
E-mail:cbir@adm.hosei.ac.jp