HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 3月11日に法政大学生と付属校生徒が合同で街頭募金活動を実施


3月11日に法政大学生と付属校生徒が合同で街頭募金活動を実施

2012年03月05日

本学の学生ボランティア「チーム・オレンジ(学生災害復興支援隊)※」と付属校の法政大学高等学校生徒および法政大学女子高等学校生徒が、3月11日(日)に合同の街頭募金活動を行います。

今回の活動は、本学ボランティアセンター教職員とチーム・オレンジに所属する学生が、被災地支援で身近にできるボランティアとして提案・実施することとなりました。 震災から丸1年となる3月11日に街頭で募金活動をすることで、震災の風化を防ぐことを目的としており、今回の主旨に賛同した一般学生、付属校生徒も参加します。 なお、当日集まった募金は岩手県・宮城県・福島県各県の震災復興口座に直接寄付します。


日    程 2012年3月11日(日)
時    間 10時~16時
活 動 場 所 JR飯田橋駅周辺およびJR市ヶ谷駅周辺
人    数 大学生17人、教職員5人、付属校生17人 計39人(3月1日現在)
募 金 先 募金総額を三等分して、岩手県・宮城県・福島県各県の震災復興口座に直接寄付します。
なお、募金金額・活動報告は、3月13日(火)までに法政大学ボランティアセンターのウェブサイトにて公開します。

法政大学ボランティアセンター

※チーム・オレンジ(学生災害復興支援隊)
2011年4月に結成。学生約20人(メーリングリスト登録者は90人)が週1回のミーティングを通じて各種被災地支援を検討。これまでに、被災地支援ボランティア活動をはじめ、大学祭での東北物産展、被災地写真展の開催、写真洗浄ボランティアなど多方面にわたり活動を展開。

【お問い合わせ先】

法政大学 ボランティアセンター 担当 栗山 TEL:03-3264-9516