HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法政大学国際日本学研究所 国際シンポジウム「岡正雄-日本民族学の草分け」


法政大学国際日本学研究所 国際シンポジウム「岡正雄-日本民族学の草分け」

2012年02月13日

岡正雄(明治31~昭和57年)は日本民族学の父。東京大学社会学科を卒業後、柳田國男の談話会に参加。折口信夫の「まれびと」論に刺激され、論文「異人その他」で初めて注目を浴びた。渋澤敬三の奨学金でウィーンにわたり、W・シュミット、W・コッパス、R・ハイネ・ゲルデルンを師事。昭和8年「古日本の文化層」で博士号を取得。日本文化はいくつかの異なった文化複合からなる、多元的起源を持つ文化だと主張するこの「幻い論文」と呼ばれた大著が、このたび初めて出版される。このシンポジウムでは、岡の学問及び日本における民族学の展開とヨーロッパの日本研究の改革に与えた影響の総括的評価を試みる。


【概 要】

日     時 2012年 3月 10日(土)13:00~17:00 ・ 3月 11日(日) 10:00~18:00
場     所 法政大学 市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階スカイホール
(千代田区富士見2-17-1)JR・地下鉄 飯田橋駅または市ヶ谷駅 徒歩約10分
参  加  費 無料
定     員 先着100名(定員に達し次第締切)
申 込 方 法 下記のシンポジウム申込専用サイトよりお申込み願います。
発表・討論者
(敬称略)
クライナー・ヨーゼフ         法政大学特別教授
清水昭俊               国立民族学博物館名誉教授・総合研究大学院大学名誉教授
川田順造               東京外国語大学名誉教授・神奈川大学特別招聘教授
クリストフ・アントワイラー       ボン大学教授
ハンス・ディータ・オイルシュレーガー ボン大学准教授
桑山敬己                北海道大学大学院教授
平藤喜久子              國學院大學准教授
クラウス・アントニ           テュービンゲン大学正教授
近藤雅樹               国立民族学博物館教授
中生勝美               桜美林大学教授
セップ・リンハルト           ウィーン大学正教授
ベルハルド・シャイト         オーストリア学士院主任研究員
岡田淳子               北方民族博物館館長
祖父江孝男              国立民族学博物館名誉教授
住谷一彦               立教大学名誉教授


【お問い合わせ先】
法政大学国際日本学研究センター事務室
電話 : 03-3264-9682 E-mail: nihon@hosei.ac.jp