HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 学生、教員、地域3者の協議会運営方式 新食堂「Slow World Cafe」開業セレモニーを開催


学生、教員、地域3者の協議会運営方式 新食堂「Slow World Cafe」開業セレモニーを開催

2011年05月20日

法政大学多摩キャンパス(4学部・学生数約8,900人)に、NPO法人やまぼうし様の協力を得て、新食堂「Slow World Cafe」が開業しました。既存施設をリニューアルし、5月23日(月)に地域の方へお披露目を兼ねた開業セレモニーを開催いたします。当日は学生団体の演奏、試食会、試飲会がございます。
新食堂は今後、大学周辺地域と学生・教職員のつながりの場づくりとして、地域住民の方々にも積極的に利用していただく予定です。

日時:2011年5月23日(月)18:00~19:30
場所:法政大学多摩キャンパス(町田市相原町4342)
    16号館多目的共用施設(通称:エッグドーム)2階

(主な出席者の氏名)

  • 法政大学常務理事・徳安彰教授(トクヤス アキラ)
  • 法政大学多摩学生センター長・増田正人教授(マスダ マサト)
  • エッグ食堂・売店運営協議会議長・平塚眞樹教授(ヒラツカ マキ)
  • 特定非営利活動法人やまぼうし理事長・伊藤勲(イトウ イサオ)

交通:JR 相原駅から バス法政大学行き11分/京王線めじろ台駅からバス法政大学行き16分
    西八王子駅からバス法政大学行き25分(大学の駐車場も利用できます)


Slow World Cafeの特徴

  • 法政大学初の学内外協働型カフェ
  • 大学周辺地域と学生・教職員のつながりの場づくり
  • 学生厚生施設エッグドームの食空間で、福祉・協同労働、地産地消、フェアトレード、スポ―ツビジネス、アート、まちづくり等多様な活動を通じて、学生・教職員、近隣地域のつながりを深め、相互に学び合いながら、私たちの食、生活、コミュニティを豊かにしていきます。
  • カフェ運営の中心は、障がい者のみなさんの仕事と生活の場を多摩地域でつくってきたNPO法人やまぼうし。今回施設(改修)費用として東京都から補助金約2千万円の交付を受けました。
  • カフェでは、趣旨に賛同する地域の諸団体・NPO、学生、教員による「エッグドーム食堂・
    売店運営協議会」をつくり、事業の相談・協議・協働を通じて、つながりを深めることをめざします。
  • 営業時間原則:平日11時~19時30分(地域の方もご利用できます)

【お問い合わせ先】
法政大学 学生センター多摩学生生活課
Tel:042-783-2156  Fax:042-783-2154