HOME > ニュース > 教育・研究 > 「QRコード」を開発。本学OBの原昌宏氏が欧州発明家賞で「Popular Prize」を受賞しました


「QRコード」を開発。本学OBの原昌宏氏が欧州発明家賞で「Popular Prize」を受賞しました

2014年06月19日

(左から2番目:原昌宏氏)<br />写真出典元:European Patent Office ホームページ Media materialsより

(左から2番目:原昌宏氏)
写真出典元:European Patent Office ホームページ Media materialsより

株式会社デンソーウェーブの原昌宏氏がQRコード開発で欧州発明家賞(European Inventor Award)授賞式において、Popular Prizeを受賞しました。
Popular Prizeは欧州特許庁ウェブサイトやFacebookから一般投票によって選ばれる賞で、受賞は日本人初の快挙となります。

原氏は法政大学第二高等学校から、1980年法政大学工学部電気工学科(現在の理工学部電気電子工学科)を卒業され、日本電装(現デンソー)に入社。技術開発チームを率いて、1994年に「QRコード」を開発・発表されました。QRコードは今や世界中で使われる国際規格です。

詳細は下記の株式会社デンソーウェーブ様のホームページより確認できます。