HOME > ニュース > 法政大学について > 法政大学前総長 増田壽男先生をしのぶ会を挙行しました


法政大学前総長 増田壽男先生をしのぶ会を挙行しました

2019年01月24日

去る2018年9月15日に77歳で逝去した増田前総長の「しのぶ会」(代表 田中優子総長、実行委員会委員長 奥山利幸常務理事/経済学部教授)が、1月23日に市ケ谷キャンパスの薩埵ホールにて行われ、約300人が参列しました。

スクールカラーの花で彩られた祭壇には、総長時代に総長室のある校舎のテラスで撮影した写真が飾られました。

前総長の元同僚や研究者仲間、教え子等、6名の方々よりお心のこもった弔辞をいただきました。出会った頃のこと、大学運営でともに苦労したこと、杯を交わした時の思い出など、厳しくも優しい先生のお人柄が偲ばれるお話をしていただきました。

最後に、参列いただいたみなさんに献花をいただきました。みなさん思い思いに祭壇にお花を手向け、お別れを惜しんでいらっしゃいました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。