HOME > ニュース > 法政大学について > 市ケ谷キャンパスと多摩キャンパスの放射線量測定を行いました


市ケ谷キャンパスと多摩キャンパスの放射線量測定を行いました

2014年03月10日

2014年3月5日(水)に、法政大学イオンビーム工学研究所の協力のもと、市ケ谷キャンパスと多摩キャンパスの放射線量の測定を行いました。

測定の結果、両キャンパスとも空間線量率(高さ1m)で除染基準を上回る場所は見つからず、市ケ谷キャンパスの除染土砂埋設場所(2011年10月25日および2013年8月9日除染実施)についても低い数値となっていますので、キャンパス内における通常の活動について支障はないと考えます。

市ケ谷キャンパス

市ケ谷キャンパス放射線測定
場所高さ(cm)放射線量(μSv/h)
正門前広場  1000.06~0.07
キャンパス中央広場1000.07~0.08
大内山 テラス100~0.06
富士見坂校舎1000.06~0.08
九段校舎入口前1000.06~0.07
新一口坂校舎入口前1000.09~0.10
法科大学院入口前1000.09~0.10
新見附校舎入口1000.07~0.08
大学院棟入口前100~0.07
田町校舎入口前1000.11~0.12
田町校舎庭 ウッドデッキ1000.07~0.08
除染土砂埋設場所(1)50.08~0.09
除染土砂埋設場所(2)50.11~0.12

多摩キャンパス

多摩キャンパス放射線測定
場所高さ(cm)放射線量(μSv/h)
図書館入口100~0.11
センタープラザ1000.08~0.09
経済学部 中庭1000.11~0.12
スポーツ健康学部 フットサルコート100~0.08
スポーツ健康学部 中庭1000.12~0.13
陸上競技場(トラック)1000.05~0.06
ラグビー場100~0.07
城山 馬場100~0.04
城山 サッカー場脇1000.06~0.07
バスターミナル1000.08~0.09
正門脇守衛所1000.12~0.13