HOME > ニュース > 法政大学について > ブランドマーク及びエンブレムの策定について


ブランドマーク及びエンブレムの策定について

2013年11月06日

法政大学では「自由と進歩」の学風をより分かりやすく伝えるため、コミュニケーションワード「その先の自分を創る。」とそのステートメントの策定を2012年に行いました。その考えに基づき、統一的な新しいブランドイメージを醸成するために、新たに、ブランドマークそして、エンブレムを策定しました。今後、これらを効果的、積極的に使用することで、法政大学の新しいブランドイメージを統一化し、あらゆる場所、媒体で展開いたします。

ブランドマーク

ブランドマーク


さまざまな方面でエネルギッシュに躍動する法政大学の姿を、Hの文字でシンボリックに表現しました。つねに挑戦を続ける行動力とそれによってもたらされる可能性や柔軟性、その広がりをデザインしています。

エンブレム

エンブレム


ブランドマークと同様の考えに基づき、エネルギッシュに躍動する法政大学の姿を装飾性の高い華やかなイメージを大切にして、エンブレムに表現しました。
法政大学への誇りと愛校心の集約した、汎用性の高いエンブレムです。
法政大学の伝統ある校章とその頭文字H、そして、シンボルモチーフを組み合わせました。
シンボルモチーフの、羅針盤は、「その先の自分」の進む方向性を示す「進歩」の象徴、鳥の羽は、その進む方向に向かって「自由」に飛翔する強い意志の象徴です。

2013年11月6日
法政大学