HOME > ニュース > 法政大学について > 年頭にあたり、謹んで新春のお慶びを申し上げます


年頭にあたり、謹んで新春のお慶びを申し上げます

2011年01月01日

謹賀新年

21世紀の今日、社会では少子・高齢化やグローバル化が進行し、日本の高等教育を取り巻く環境は、ますます厳しさを増しております。

このような状況下において、大学は建学以来、醸成されてきた普遍的なアイデンティティを継承しつつも、自らの手による歴史や伝統の創出に向けて、不断の改革を続けていかねばなりません。

この度、次期の総長に選出をされましたが、新たなる決意のもと、次なる改革の扉を押し開き、「明日の法政を創る」べく粉骨砕身、全力を傾注して参りたいと考えております。

今後とも本学の教育・研究活動に対し、ご支援とご助力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

2011年元旦
法政大学総長・理事長
増田 壽男