HOME > ニュース > キャンパスライフ > デング熱について(注意喚起)


デング熱について(注意喚起)

2014年09月08日

都内でデング熱の感染が相次いでいます。代々木公園・新宿中央公園以外に、明治神宮外苑(新宿、港区)、外濠公園(千代田区)でも感染の疑いが出ています(9月6日現在)。
現状における正しい情報と知識について理解を深め、健康管理に努めましょう。

デング熱について

デング熱はデングウイルスに感染した蚊(ネッタイシマカ・ヒトスジシマカ)に刺されることによっておこる急性の熱性感染症で、発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹などが主な症状です。ヒトからヒトに直接感染するような病気ではありません。デング熱に対する特別な治療薬や予防接種はありません。

予防策

蚊に刺されないようにすることが、最も有効な予防策です。蚊の活動する地域・時間帯に屋外で活動する場合は以下の対応を推奨します。

  • 長袖、長ズボンなどを着用し肌を露出しない
  • 素肌やサンダル履きはできるだけ避ける
  • 必要に応じて虫よけ剤などを使用する

参考URL: