HOME > ニュース > キャンパスライフ > 工体連空手部が全日本理工科系大学空手道選手権大会で総合優勝


工体連空手部が全日本理工科系大学空手道選手権大会で総合優勝

2012年11月30日

工体連空手部が全日本理工科系大学空手道選手権大会で総合優勝

11月24日(土)、東北学院大学を会場に第25回記念全日本理工科系大学空手道選手権大会が開催され、工体連空手部が男子団体組手、同形、男子個人組手、同形の4部門で優勝し、見事総合優勝を果たしました。

団体組手には成田圭佑君(理工学部4年)、千葉大輔君(理工学部3年)、塩見貴文君(理工学部3年)、竹迫翔平君(理工学部2年)、榎本祐大君(理工学部2年)、千葉光之輔君(理工学部2年)、多賀井健介君(理工学部2年)、池田仁也君(理工学部1年)の8名が出場。また、団体形には成田君、竹迫君、千葉光之輔君の3名が出場し、限られた練習時間の中で鍛錬された力をそれぞれが発揮し、勝利を呼び込みました。
個人組手では、千葉大輔君が優勝、竹迫翔平君が準優勝しました。また、個人形でも竹迫君が優勝しました。
大きな優勝トロフィーは、体育館事務室に飾ってありますので、ぜひご覧ください。