HOME > ニュース > キャンパスライフ > 鳥人間コンテストに航空工学研究会の出場が決定


鳥人間コンテストに航空工学研究会の出場が決定

2011年07月01日

7月30日(土)31日(日)に彦根市松原水泳場(滋賀県)で開催される鳥人間コンテストに、小金井キャンパスで活動する航空工学研究会の出場が決定しました。

自作の人力飛行機で飛行時間・距離を競う恒例の大会で、今年で34回目を迎え、航空工学研究会は16回目の出場となります。
(出場が決定したのは7月30日(土)に行われる滑空機部門です)

これまでに達成した彼らの最長記録は2006年の106.85m(オープンクラス=当時)。
大会でのフライトを目指して、現在も機体の制作が続いています。

夏季休暇中に帰省・旅行で近畿地方に滞在予定の皆さんは是非、現地で応援をお願いします。
なお、当日の大会の様子は讀賣テレビ系列で放送予定です。

鳥人間コンテストに出場が決まった航空工学研究会の皆さん

鳥人間コンテストに出場が決まった航空工学研究会の皆さん

大会に向けて機体の制作が続いています

大会に向けて機体の制作が続いています