HOME > 在学生の方へ > 学部・大学院からのお知らせ > 市ケ谷リベラルアーツセンターからのお知らせ > ニュース > さいえんすかふぇ「夏・エネルギーの流れ」さいえんすかふぇ・えねるぎぃっ亭「夏・エネルギーの流れ」


さいえんすかふぇ・えねるぎぃっ亭「夏・エネルギーの流れ」(7/25)

2013年07月11日

サイエンスカフェ「パワーとエネルギー」改名します

サイエンスカフェ「パワーとエネルギー」改名します
さいえんすかふぇ・えねるぎぃっ亭

店長 法政大学自然科学センター 小池康郎

 福島原発事故を受けて2011年末にオープンし、出前店舗も含めて10回ほど開催してきたサイエンスカフェ「パワーとエネルギー」ですが、改名して新規出発いたします。

 新しいカフェの名前は「えねるぎぃっ亭」。‐エネルギーってぃ‐と呼んでください。エネルギーっていったい何? 原発事故以来毎日のようにニュースの中で飛び交う「エネルギー」という言葉ですが、この問いを今さら聞けないと思いながらニュースを見ている人も多いのではないでしょうか? そのような人々に強く訴えるべく「えねるぎぃっ亭」という名で新たに出発いたします。

  改名してもカフェの性格は変わりません。エネルギーの諸問題に特化したサイエンスカフェであり続けます。そして法政大学キャンパス内にとどまらず、大きく展開することを考えます。新しい場所でサイエンスカフェを開くとき、この新しい名前のほうが人々に訴えかけやすいのではないか? そう考えての改名なのです。そして更なる展開には、皆様のご協力がこれまで以上に必要とされます。これからもこのサイエンスカフェの応援をよろしくお願いいたします。

 さて今回のテーマですが、「夏・エネルギーの流れ」です。今年の梅雨明けは早く、猛暑が到来いたしました。強力なエアコンが必要なとき。でも節電が、でも熱中症の恐れが・・・。熱中症を防ぐには水をこまめにとる必要があります。何故水が、そしてどのくらいの水が必要なのでしょう? これも流れとしてのエネルギーから考えると、なるほどと膝を打ちたくなります。エネルギーの流れはどこにでもあり、夏ほどエネルギーを流れとして理解する必要がある季節はありません。緑のカーテンは何故有効なのか? 屋上緑化は水をあまり要求しないサボテンのような植物で良いのか? このようなことをいつものように楽しみながら皆で考えていきたいと思います。

 常連の方にも、新しいお客様にも楽しみがあり、またエネルギーに対する理解が少し深まる。それを目指して店長以下店員一同頑張ります。常連の方はお誘いあわせの上、また初めてこの宣伝をご覧になって興味を持たれた方もご遠慮なく、平日の仕事帰りに市ヶ谷飯田橋間の外堀のほとりに足をお運びください。心よりお待ち致しております。カフェは無料で誰にでもオープンしています。

会場 

 法政大学 市ヶ谷キャンパス
ボアソナードタワー9階サイエンスルーム

日時  2013年7月25日(木)19:00~
お問い合わせ 

 法政大学自然科学センター

TEL:03-3264-4142
E-mail:koike@hosei.ac.jp

自然科学センターでは、様々な催しを企画しています。興味のある方はふるって参加してください。