ボランティアセンター

TOPICS


2011.11.12

【多摩】11/12ハイカーに大好評〜相模原市で富士山絶景ポイントづくり〜学生12人が山ガール・ボーイに



11月12日(土)、多摩の学生スタッフが呼びかけ、相模原市緑区の藤野町で山ボーイ・ガールになってボランティアを行いました。

今回の「里ボラ(藤野町での定期ボランティアの愛称)」は、峰山山頂付近で間伐作業の協力で、ミッションは最適な富士山の眺望確保。

峰山は山梨県境に近く、山道を30分ほど登ると頂上に着き、天気がいい日は富士山を見ることができます。

しかし、この山は長い間整備が施されず、木や草が生え放題、貴重な富士山が見づらく、樹木の生育にも影響が出ていました。そこで、地元の林業のスキルを持った方々が立ち上がり、木々や枝を一定間隔で伐採、下草を刈り、富士山の眺めを確保する作戦を計画。里ボラ参加者に声がかかった次第です。

当日の学生の作業としては、ベテランの方がチェーンソーで切り倒した木の枝を切ったり、付近に捨てられているゴミの回収をしたりといったものでした。12名の参加学生の作業の成果もあり、随分と見晴らしがよくなりました。

また、作業時には多くの登山客とすれ違い、木が倒れて遠くの景色が開けた時に歓声を上げて喜んでいた様子も見受けられました。学生たちは無事作業を終え、地域やハイカーの人たちに「また藤野町で会いましょう」を合言葉に解散しました。