ボランティアセンター

TOPICS


2011.10.01

【多摩】校外学習で多摩キャンに…大戸小学校全校児童と本学生69人が交流




10月1日(土)、町田市立大戸小学校が主催する全校校外学習が多摩キャンパスで開かれ、約130名の児童に加え、先生や保護者の方が同行し、本学学生69名がサポートしました。

こどもたちは午前8時過ぎから、グループごとに順次、多摩キャンパスに到着。担当する学生とご対面、一緒に山林内のジョギングコースを1周するウォークラリーに出発していきました。

このラリーは、7つのポイントを設け、それぞれのポイントで様々なクイズが用意され、子どもたちと学生が一緒に問題を考え、回答します。多摩キャンパスの面積や学生数などの出題もあり、答えを知った子どもたちからは大学の規模の大きさには、驚きの声があがりました。

ウォークラリーのゴールは、スポーツ健康学部棟グラウンド。全児童の到着待って、芝生の上にシートを広げ、学生も一緒にお弁当を食べました。

午後からは、学生の自主企画によるナンバーコールゲームで過ごしました。背中に書いてある番号を相手グループに読まれないようにしながら、相手陣地にある宝を奪うゲームで、子どもと学生が一緒に戦略を考えます。2人で背中を合わせながら相手陣地に乗り込む子や、フェンスに背を向け進む大学生など、ユニークなアイデアが飛び交う中、ゲームは進んでいきました。広い芝生での活動に子どもたちも大満足の様子でした。

当日の活動や準備にかかわってくださった、大戸小学校の皆様、学生のみなさん本当にありがとうございました。