ボランティアセンター

TOPICS


2011.09.16

【全キャンパス】夏休み被災地支援ボランティアを実施しました 〜報告1〜

毎朝座禅で心身を鍛えました…繁昌院
毎朝座禅で心身を鍛えました…繁昌院

津波に流された写真、記念品の整理作業…名取市内
津波に流された写真、記念品の整理作業…名取市内

7月31日〜9月16日まで、5クールにわたり、宮城県岩沼市・名取市を中心に夏休み被災地支援ボランティアを実施し、無事終了しました。3キャンパスから各クール10名〜15名、計57名の学生が参加しました。

<実施スケジュール>

【第1クール】参加学生:9名
 7月31日(日)深夜 〜 8月 5日(金)朝

【第2クール】参加学生:11名
 8月21日(日)深夜 〜 8月26日(金)朝

【第3クール】参加学生:14名
 8月28日(日)深夜 〜 9月 2日(金)朝

【第4クール】参加学生:13名
 9月 4日(日) 深夜 〜 9月 9日(金)朝

【第5クール】参加学生:14名
 9月11日(日)深夜 〜 9月16日(金)朝

本プログラムでは宮城県大河原町の吉祥山繁昌院様を宿泊場所として、県内名取市閖上小学校体育館での写真記念品等の保全活動(ゆりあげ思い出探し隊)、岩沼市・仙台市にある児童館での子ども支援活動を行いました。

これらの活動は、ボランティアセンター学生スタッフ自らが被災地で「学生だからこそお手伝いできること」の視点から現地のニーズを丁寧に聞きながらプランを練り、センターの先生方の指導を受け計画したものです。

事前準備はもとより、プログラム進行中も現地の方々人との打ち合わせを密にして、人脈・ネットワークづくりを念頭に行動しました。

今後はホームページにて、実施期間中の学生たちの活動、日々の生活の様子、学生スタッフ代表の大友将矢君(経済学部4年生)の報告等は、追って記載していく予定です。

繁昌院様、大河原町、仙台市、岩沼市、名取市の皆様、大変お世話になりました。心からお礼申し上げます。