ボランティアセンター

TOPICS


2011.08.10

【全キャンパス】夏休み被災地支援ボランティア(第1クール)を実施しました

8月1日(月)〜8月4日(木)まで、宮城県岩沼市・名取市を中心に夏休み被災地支援ボランティア(第1クール)を実施しました。

一行は7月31日の深夜東京を出発、8月5日の早朝に帰京、現地では朝6時起床、日中は宿泊先からバス、電車、自転車等で活動先へ。毎夜、ミーティングで活動の振り返りと翌日の行動確認…タイトな日程ながら、参加者10名(男7、女3)、引率の教職員共ケガもなく全員元気にもどりました。

現地では、子ども支援班、写真洗浄班の2グループに分かれ行動しました。活動の一端を紹介します。

子ども支援班は、岩沼市内の小学校や児童センターを訪問。各所とも最初は、児童館職員のご紹介で、小学生数十人と双方緊張のご対面。そこは、子どもたちにとっても世代の近い大学生ということで、すぐに打ち解けました。子どものリクエストにより、室内外で、サッカーや鬼ごっこ、ダルマさんが転んだ、人形作り、ゲーム等、多彩な遊びを行い、双方汗びっしょり。1年生から6年生児童まで幅広く、ともに楽しい時間を過ごすことができたようです。

写真洗浄班は、名取市立閖上(ゆりあげ)小学校内を拠点に「閖上思い出探し隊」が行っている活動に参加。同所には自衛隊が、現地で集めて下さった数十万枚の写真が保管されています。写真は、急速に劣化が進んでおり、同隊の技術指導の下、丁寧に洗浄することにより修復・保全することが目的です。第一クールの活動としては、洗浄する予定の大量の写真を仕分けする作業が中心となりました。作業の合間には、閖上思い出探し隊の方から、活動を始めた背景や被災地の課題などの説明をうかがいました。同隊からは「法政の活動によって、写真の仕分けがかなり進みました」との声をいただきました。

この間、宮城県内の皆様には大変お世話になりました。第2クール以降もよろしくお願いします。

<今後の予定>参加申込みは締め切りました。
第2クール8月21日(日)出発〜8月26日(金)帰着
第3クール8月28日(日)出発〜9月 2日(金)帰着
第4クール9月 4日(日) 〜 9日(金)帰着
第5クール9月11日(日)〜16日(金)帰着

いざ、伊達に出発(夜行バス乗り場)
いざ、伊達に出発(夜行バス乗り場)
被災地のレクチャー
被災地のレクチャー

児童館で体力勝負開始
児童館で体力勝負開始
体育館で写真整理
体育館で写真整理