ボランティアセンター

TOPICS


2011.06.20

【多摩】『森カフェ』企画第一弾「日替わりECOレクチャー」を実施しました





多摩ボランティアセンターでは、6月14日(火)に今春EGG DOME 2Fに新しくオープンした 「SLOW WORLD CAFE 」で「森<カフェ」(地域交流会)企画として「日替わりECOレクチャー 第一弾」を実施しました。

学生34名、学生スタッフ18名、地域の方40名、教職員11名の計103名に参加いただきました。

まず始めにスタートしたのが「茶の湯」。朱色の野点傘や金色の屏風などをしつらえ、江戸千家流のお茶を色とりどりの着物に身を包んだ地域の方・学生スタッフがお客様に振る舞いました。本格的なお手前を初めて見た方も多く、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりとした時間を過ごしました。

続いては、ECO レクチャーが開会。第一部では、田中優子先生による「3.11 以後の江戸学」のお話。田中先生も着物を召され、教室授業とは違い、屏風をバックに和の雰囲気で講演しました。震災が起きたことで改めて江戸の循環型社会から、現代の生き方を見直す視点を教えて頂きました。

ECO レクチャー第二部は、金原瑞人先生「On Stage」。産地を東北のものでセレクトしたお酒にこだわりの料理が出され、リラックスした雰囲気の中で、金原先生は実際に持参された明治時代のおすすめの古書をベースに、ジャンルの垣根を越えた様々なトピックからお話を披露しました。

最後には、田中先生と金原先生の対談も実現しました。

この他、エッグ食堂事業者のNPO法人やまぼうしによる東北の味解説や、着物をお貸し頂いたKimono World Life による着物ファッションショー、森カフェ特製アロマの紹介など、盛りだくさんのプログラムに参加者は満足そうでした。なお会場の設営は、日ごろ当センターが協働させていただいている地域団体の皆様がボランティアでご協力いただきました。

たくさんのご来場、誠にありがとうございました。