ボランティアセンター

最新情報


2011.03.13

【重要】東北地方太平洋沖地震発生に伴う、災害救援ボランティア活動への参加についての注意点

東北地方太平洋沖地震発生に伴う、災害救援ボランティア活動への参加についての注意点

3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震について、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

法政大学ボランティアセンターでは、現在関係諸機関と連絡を取り合い、今後の対応について検討中です。現在、災害救援活動に参加したいと考えている本学学生の皆さんは、以下の注意事項を読んで、できるだけ慎重に行動するように努めて下さい。

1.現地へのボランティア活動については、今だ情報が不十分であること、余震が続く中、二次災害の危険性も高い状態であることから、しばらくは受け入れできる状態にならないと考えられます。現時点では、各自情報収集活動に努め、安易に行動を起こさないようにして下さい。
勝手に現場に立ち入る行為は、危険と言うだけでなく、救済活動の大きな妨げになります。

2.本学ボランティアセンターでは、まず現地での災害ボランティアセンターの立ち上げ、それに続いて発生するボランティア募集の状況を確認した上で、本学学生に関連ボランティア情報の提供を始める予定です。

3.被災地での活動は危険がともないます。今後ボランティア活動に参加しようと計画している学生各自は、あらかじめボランティア保険に加入するよう努めて下さい。(災害時のボランティア保険は天災プランというものになりますので注意して下さい。)ボランティア保険には各地域の社会福祉協議会で加入する事ができます。各キャンパスボランティアセンター窓口で申し込み用紙を受け取る事も可能です。

4.千代田区周辺のボランティア活動について
今回の被災地は広域に渡ります。大学近隣におけるボランティアニーズも発生する可能性があります。本学ボランティアセンターでは、千代田区ボランティアセンターからのボランティア要請が入り次第、近隣地域のボランティア募集情報の提供を始める予定です。

5.ボランティア情報
災害ボランティアの募集情報は被災地の自治体やボランティアセンターのHPに掲載されます。
また下記URLにも掲載されますので、随時ご確認ください。
【全社協 被災地支援 災害ボランティア情報】
  http://blog.goo.ne.jp/vc00000

6.今後のボランティアセンターの開室予定について
現在、法政大学のキャンパスは立ち入りを禁止しています。この間はボランティアセンターは閉室いたします。「入構禁止期間」については、本学ホームページでご確認ください。
今後、新しい情報が入り次第、順次掲載する予定です。

以上
法政大学ボランティアセンター