在学生の方へ > ニュース > 法政大学ボランティアセンター > 【市ヶ谷】[東京2020応援プログラム]多言語音声翻訳アプリから学ぶ”デジタル”おもてなし(6/26)参加者募集!

【市ヶ谷】[東京2020応援プログラム]
多言語音声翻訳アプリから学ぶ”デジタル”おもてなし募集!

2017年05月23日

ALT

◎本プログラムは「東京2020応援プログラム」として、 東京オリンピック・ パラリンピック競技大会組織委員会に認定されています。

2020年東京オリンピックをふまえ、東京を訪れる世界中の人々とあなたはどうやって話しますか?


NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)が開発した、多言語音声翻訳アプリ VoiceTra(ボイストラ)から学ぶ”おもてなし”=新しい国際コミュニケーションを考えます。

VoiceTraはスマホ向けの音声翻訳アプリで、31言語間での自動翻訳が可能。特に日英中韓の4言語では旅行会話の高精度の翻訳を実現しています。観光案内などの用途で、品川駅と羽田空港国際線ターミナル駅で、NICTの音声翻訳アプリを試験的に導入しています。

今回のプログラムでは、NICTから多言語翻訳の意義や「VoiceTra」の使い方を教えていただきながら、アプリを使用してのロールプレイなども体験していきます。

国際ボランティア、外国人への「おもてなし」に興味がある方ぜひご参加ください。

 

日   時  : 6月26日(月) 16:50~18:20 

場   所   :  外濠校舎5階 526会議室

講   師   :  国立研究開発法人情報通信研究機構   藤田  智子氏

定   員   :  20名

 

申込み方法: 市ヶ谷ボランティアセンターにて申込書記入、
         電話、メールでも受付けています。

TEL:03-3264-9516
メール:ichigaya-vc@hosei.ac.jp

※メールの場合
件名「6/26多言語音声翻訳アプリから学ぶデジタルおもてなし参加希望」とし、「氏名」「学部」「学生証番号」「連絡先」をお知らせください。